我が家のブルテリアの日記です。ブルテリア大好き人間が、ブルテリアについて語っています。 This is the diary of bull-terriers in my home. Human who loves bull-terrier speaks of various things about one.
by 海馬
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
Flag Counter
カテゴリ
全体
ブルテリア・ブービー
ブルテリア・バロン

切り絵
カエル
その他
糸ノコ作品
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
お気に入りブログ
FuFu the Bully
ALMEZのうらうら日記
秋田犬 「大和と飛鳥丸」の日々
M・ブルテリア チャール...
ホワイトデビルちゃんぷ
おはぎときなこ
花景色-K.W.C. P...
294ものぶろーぐ・2
まほろば 写真俳句
自然卵農家の農村ブログ ...
ratoの大和路
Run Run Raum
ミニチュアブルテリア ダ...
秋田犬「大和と飛鳥丸」の日々Ⅱ
犬と息子と親2匹
ミニチュアブルテリアダー...
リンク
外部リンク
最新の記事
デビュー!
at 2017-12-05 12:13
大相撲の事件について(1)
at 2017-12-01 16:36
切り絵カレンダー!
at 2017-11-13 10:20
ブービー先生とお散歩!
at 2017-10-26 17:53
ブービー先生、体調崩す!
at 2017-10-26 05:07
最新のコメント
可愛いですね。 益々、..
by uramoon1 at 22:48
素晴らしい写真ばかりです..
by uramoon1 at 22:46
こんばんは。 グースち..
by loveMBL at 20:31
uramoon1さん ..
by himitukichi-bull at 13:19
loveMBLさん こ..
by himitukichi-bull at 13:17
uramoon1さん ..
by himitukichi-bull at 13:15
私も、ブルテリアカレンダ..
by uramoon1 at 22:30
こんにちは。 ブルテリ..
by loveMBL at 11:20
おはようございます。 ..
by uramoon1 at 10:44
クリちゃんママさん こ..
by himitukichi-bull at 02:16
最新のトラックバック
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
ネイチャーズギフト、フー..
from ミニチュアブルテリアの「ホッ..
ネイチャーズギフト、フー..
from ブルテリア専門,【ホットブリ..
記事ランキング
検索
ファン
画像一覧
ブログジャンル


カテゴリ:切り絵( 26 )

ミレー友好協会、審査結果届く!

今年2月にミレー友好協会日本支局に、新作の切り絵作品を応募しました。今思い起こせば、徹夜続きでしんどい毎日でした。風邪も引きました。
でも送ったからといっても、すべてが美術館に展示してもらえるわけでなく、あくまでも一般公募ですので、厳正な審査の結果「選ばれし作品」だけが展示されるわけです。
まあ、それゆえに「よし!今年も頑張るぞ!」とやる気に火がつくのですけどね。

その審査結果が今日届きました。
果たして「選ばれし作品」になっているのか・・。
封を切るときはドキドキです。
バロンのそばで一緒に見ます。
「お姉ちゃん、早く見ようよ~!」って言ってくれてるようで、心強いです。
f0353904_15193813.jpg

結果は、入選でした!
しかも、フランス本部展への推挙を受けました。
f0353904_15195130.jpg

去年に引き続き、我が作品がフランスの地を踏むことになるとは!しかしヒコーキ嫌いのワタクシは、ただ作品の一人立ちをヤマトの地より見送るのみですが。

ということで、また4月末には表彰式に行ってきます。作品は後日改めてアップしたいと思います。

バロンも喜んでくれています。
f0353904_15275086.jpg

まあ、バロンはいつでも笑顔ですけどね!

by himitukichi-bull | 2016-03-27 15:31 | 切り絵 | Comments(6)

実物に会いに行く!

切り絵展覧会の締め切りが近づいています。
でも遅々としてはかどらない時期がありました。
お散歩中も悩み、風呂場でも悩み、布団にもぐり込んでからも悩み、ようやくトンネルから抜け出せたか思ったら、今度はもうひとつの作品での悩みが発生。

それはミミズク。
私の好きな鳥は、ミミズクとペリカン。
今度はミミズクを描こう!と思ったのですが、身近にミミズクがいません。そこでエキゾチックアニマルを扱っているペットショップに行ってきました。
すると..。
いました。
f0353904_22495368.jpg

この左の子が、ワタクシの理想とするミミズクです。
値段を見て驚きました。
結構なお値段ですね。
それでも死ぬまでには飼ってみたい生き物です。
それまでは、切り絵の中のミミズクで我慢することにします。

ところで、ブービー君の体重増加のために、夜食を再開しています。
今日の夜食はこれです。
ブービー君自作の食器、題して『美しき乱反射』でいただきます。
f0353904_7241749.jpg

小松菜、チゲンザイ、人参にドッグフードをトッピングした豪華メニュー。これで、少しだけ太っていただきたいです。
by himitukichi-bull | 2016-02-05 23:55 | 切り絵 | Comments(10)

おさる年賀状!

年賀状を作る季節はとっくに過ぎています。
いつも早く早く!と急かされてからも作らず、尻に火がつき始めてからようやく慌てて重い腰を上げているので、今年は師走に入る前に作っておこう!と固く固く決意していたのであります。
そのはずが..。
気づいてみれば、もう27日。
あと4日しかないじゃないか!
ということで、急遽お猿の絵に取りかかりました。

来年はおさるの年。
カレンダーの記事でも書きましたが、ワタクシはおさるが好きではない。
そこで、こういうデザインにしました。
f0353904_20553938.jpg

おサルの凧上げです。
妙に鼻の下が長いおサル。
上手く凧が上がらなくて、ちょっとイジイジしています。

お気づきの方もおられるかもしれませんが、『申』という文字が『甲』になっています。
決して漢字を知らないのではございません。
申(さる)は『去る』に繋がる縁起の良くない言葉。
なのでわざと縦の棒を突き抜けないで『甲』の文字にしています。甲は十干では甲乙丙丁・・と頭になる文字。縁起がいいですもんね!

ちょっと話が長くなりましたが、このおサルなら好きになれそうです。
f0353904_20561378.jpg

これをスキャナーで表裏反転して、複写します。
普段は埃をかぶっているスキャナー。年に一度だけの登場です。

そして洋紙に写して、いよいよ切る作業です。
カレンダーと違って、これには色を入れます。
f0353904_20563619.jpg

と言っても、おサルカラーは茶色ですからね。
派手さはありませんが、他を派手にしてお正月らしくしました。

元絵が完成したところで、1枚だけ刷ってみました。
バロンと一緒に撮影です。
犬猿の仲のせいなのか、私の動きが怪しいせいなのか、ウーウー吠えていました。
f0353904_2340512.jpg

チェックを終えて、大量に印刷しました。
大体こういう感じに仕上がりました。
f0353904_2341679.jpg

フムフム、まあいい感じで納得ですが、ちょっとしたご挨拶を書くスペースはありません。

届く人には届くこちらの年賀状。
受け取られた方は、このお猿からワタクシの気持ちを感じ取っていただけると、非常にありがたいです。
by himitukichi-bull | 2015-12-29 00:27 | 切り絵 | Comments(8)

大作の前に!

またまたこういうものが届きました。
f0353904_21204324.jpg

来年のミレー友好協会展の作品募集要項です。
そして、新たに国際切り絵コンクールの募集要綱も届きました。
この年末、忙しくなりそうです。
でも、もうそういう時期になったんですね!?
毎年同じことを言っていますが、1年って早いです。

ということは、そろそろ下絵を描いておかねばなるまい。
しかし「描け描け」と言われても、そうそう案が浮かぶものではないんですよね。
f0353904_21183436.jpg

バロンやブービー先生とぶらぶら歩いたり、奈良や和歌山の田舎道を車で走ってみたり。
しかしそれでも浮かばないときは、寝るに限ります。
「まあ、いつか浮かぶでしょ~」と脳みそを緩めてやった方が、ひらめきの神様が突然に降臨されますからね。

上の写真は、先週やり残していた獅子舞の切り絵です。
ちょこちょこ切っているうちに、やる気だけは出てきました。
f0353904_21565360.jpg

和紙も揃っています。
頑張りたいと思います。
by himitukichi-bull | 2015-12-22 21:18 | 切り絵 | Comments(8)

手作り便箋!

またまた切り絵の話題です。
最近、お手紙を書くことが増えています。
メール時代の昨今、あらたまって手紙を書く機会が減っていましたが、いくらメールが手早く相手に届くといっても、手書きのお手紙に勝るものはないと思います。手書きにはぬくもりがありますからね。

そこで、切り絵便箋を作ってみようと思いました。
まあワタクシの場合、テーマがなければ大体カエルさんに落ち着くわけで、今回も主役はカエルさんです。そして名脇役は久方ぶりの登場、ミノムシの「ミノムー」です。

冬眠間近のカエルさん。
ミノムーを食べようか、しゃくとりむしを食べようか思案しています。
でもミノムーは食べられませんぞ!簑の中に隠れるという防衛手段を持っていますからね。
f0353904_1733173.jpg

下絵は大体こういう感じです。
黒の洋紙に写すことを考慮して、いつものように表裏反転させています。
今回はカレンダーと違い、色を入れていきます。

そして別紙に便箋のラインを引きます。
ここへカエルさんとミノムーを置いて糊で貼ると、こういう感じ。
f0353904_17315487.jpg

これをプリンターで複写すると、こうなりました。
f0353904_1731854.jpg

フムフム、こういうのだったら手紙を書くのも楽しくなるし、もらった方も「おおっ!何だこれは!?」って両者楽しいんじゃないかなと思うんですよね!
f0353904_1731283.jpg

下手っぴな字でも、ごまかせるかもしれませんしね!
by himitukichi-bull | 2015-11-06 17:35 | 切り絵 | Comments(4)

切り絵で会員に!

今日は切り絵のことをちょっとだけ。
ミレー友好協会という美術団体から推挙いただき、日本支局会員になりました。
f0353904_1833421.jpg

こういう会員証とバッジが届きました。
国会議員のバッジのような重々しさ。
f0353904_18293449.jpg

これからも頑張りたいと思います。
まあ、展覧会はまだ来年のことですけどね。

ところで今、大阪府立弥生文化博物館のエントランスホールで、切り絵展を開催中です。
f0353904_17423292.jpg

同じ切り絵サークルの仲間たちの作品を多数展示しています。
f0353904_1830137.jpg

月曜日に搬入・展示に行ってきましたが、結構大変でした。
4人で約3時間半かかって、ようやく完了。
帰りの車でも、家に帰ってからも疲れてクタクタ。
ご飯を食べるとねむねむになりました。

大体こういう感じで展示しています。
f0353904_1743343.jpg

例のカエルさんもいます。
おふざけ気味の作品なのに、こうやってお堅いタイトルがつくと、何だか変な感じですなあ。
f0353904_17455052.jpg

こういう立体的なものも作れるんです。
完成が早いだけに子供が夢中になるようですが、虫好きの私も夢中になりそうです。
f0353904_17431890.jpg


そして、このことが今日の朝日新聞の朝刊に掲載されました。
これは私の作品「春のきざし」です。
f0353904_18302280.jpg

凄いことです!
新聞に載った自分の作品に大感激しています。
f0353904_17495753.jpg

新聞って、悪いことしたら「載せないで!」って言っても顔写真入りできっちり載せてくれますが、反対に「載せて欲しいデス!」って言っても中々載せてくれないですもんね。
うちは朝日新聞じゃないので、わざわざコンビニまで買いに行きました。

展示は10月12日までです。
お近くの方は是非ご覧ください。
by himitukichi-bull | 2015-10-02 18:31 | 切り絵 | Comments(4)

忘れられないこの日!

突然ですが、私は映画が好きではなく、今まで見た映画はたったの5本。何せ映画館まで行くのが面倒で、そこまでして見たいとは思わず、従って内容もあまり記憶に残っていません。
しかし、『ビルマの竪琴』という映画だけは別格で、特別な思いがあります。
f0353904_1747940.png

夏休み前から話題になっていたその映画を、母が「文部省推奨だから」と一緒に見に行くことになったのです。それが今から30年前の8月12日。中井貴一氏演じる水島という旧日本兵の肩にオウムが止まっていて、「水島!一緒に日本へ帰ろう!」という仲間の声をオウムが真似ていました。確か夕焼けと雨のシーンの多い、胸詰まる思いの内容だったと記憶しています。

今や高価になった「うな重」(大阪でいうところの「まむし」)を買って帰り、帰宅して夕食をとりながらテレビを見ていると、画面上部に、「日航ジャンボ機123便の消息不明」とニュース速報が流れたのでした。

はじめはこんな大惨事になろうとは思っていませんでしたが、深夜になって山が燃えている映像が映し出され、翌朝に見たあの御巣鷹山の映像は今でも目に焼きついて消えません。
可愛そう・・などという次元ではなく、ただただ恐ろしく絶句してしまいました。

間近で見たらあんなに頑強そうであんなに大きい飛行機が、一瞬であんな姿になってしまうとは。ほんの数時間前まではあんなに元気だった520人もの「人間」が、こんなにもあっさりと「物言わぬ人」になってしまうなんて。もし自分が被害者なら、あの状況の中で冷静に遺書を書けたかどうか。もし遺族の立場なら、最後まで気丈に振る舞えたかどうか。私は全く自信がありません。
f0353904_1372618.jpg

歌手の坂本九さんもこの飛行機に搭乗して事故に遭われましたが、この日の朝自宅の庭で青空を見上げて、「今日の空は嫌な感じがする」と娘さんに言われたとか。虫の知らせだったのでしょうか・・。

後になって、事故原因は修理ミスだったと判明したようです。
それはほんの少しのミスだったかもしれません。
でもそのミスが、みんなの夢や家族の幸せを吹っ飛ばしてしまったんです。元はと言えば人間が作り出した文明の象徴である航空機。その産物によって多くの方が亡くなり、遺族も苦しまなければならないとは・・悲しいことです。この世に神様はいないのでしょうか。だからと言って、航空機そのものを否定するわけではありませんが、普段はプラス面ばかり見がちな文明の利器には、突如牙を向くマイナス面も同居しているのだということを忘れてはなりません。

とにかく恐ろしいです、飛行機は。
私は飛行機が大嫌いです!鳥にでもならない限りは、一生空を飛ぶことはないと思います。気の弱い私としては、「しまった!乗るんじゃなかった!」と後悔したくないからです。

「乗らないデス!」と言うと、「自動車事故の方が多く発生しているんだぞ!」と言う人がいます。そりゃそうかもしれません。でも、車ならエンジンに異常があれば止まればいいし、ガソリンがなくなれば自然と止まるだけ。そこで救援を待てばいいわけです。でも飛行機は一旦地上を飛び立てば、次に地上に車輪を降ろす瞬間まで万全でなくてはならず、何かあっても誰も助けにいけないんです。踏みしめている飛行機の床も実は空中に浮かぶ浮き草に過ぎず、ひとつ誤れば床下は一瞬にして「死の淵」と化すわけです。

なので今回行きませんでした。
美術展のフランスでの表彰式があったのですが、「海外旅行」なんてマイ辞書にはありません。
行かなかったので表彰状が郵送で届きました。
f0353904_2030745.jpg

何て書いてあるのか不明です。
英語ならまだしも、フランス語ですからサッパリです。
入選しましたので、そのような内容だとは思うんですが。

でも今回私の作品が日本を超えてフランスへ単身渡り、羽ばたいてくれたことに満足しています。
オオワシのような羽ばたきは無理でも、ヒヨコのパタパタくらいは羽ばたいてくれたでしょう。初出品にしては、よくやってくれました。まあこうして想像してる方が、現実を見るよりも遥かに楽しいかもしれません。

今日は暗めの内容になってしまってこの記事をどこへ帰着させようか悩みましたが、世界が地続きにならない限り、今後も日本国内だけををうろつくことは間違いなく、嫌な予感を感じたときは虫の知らせかもしれないと思い、引き返す勇気を持つということは変わらないと思います。

そして最後になりましたが、犠牲になられた方々にはお悔やみ申しあげたいと思います。こういった事故が完全になくならないまでも、人間の知力によって少しでも悲惨な事故が減り、それによって悲しむ人が限りなくゼロに近づくことを望みます。
by himitukichi-bull | 2015-08-12 19:18 | 切り絵 | Comments(2)

姫路城シャチホコ!

以前、ミレー友好協会展の日本支局展の記事を書きました。
2点出展のうち、1点がフランス本部展への出品作品に選ばれたのでした。でもどういう訳か、2点ともはるばる海を渡ってフランスの地に旅立ったようです。今頃どうしているのかな?

今はもう7月。
フランスのヴァンセンヌ市庁舎という所で、7/3~7/11までフランス本部展が開催されています。
協会より『表彰式参加&フランスツアー』の招待パンフレットが届いていましたが、私は大のヒコーキ嫌いなので、ジャパンから離れることは不可能に近く、大阪の地より遠く異国フランスに旅立っている我が作品に思いを馳せるのみです。私の作品たちがフランスで異彩を放ってくれていれば、いいのですが。

ということで、今日はかつての切り絵作品を載せたいと思います。
今年綺麗になった姫路城。
修復前に行ったとき、天守閣から見たシャチホコを面白そうだ!と思い、作品にしました。シャチホコってお城のテッペンだけじゃないんですね。
f0353904_18445149.jpg

こんな高さを飛ぶはずもないてんとう虫が、「遊びませんか?」とチョッカイを出していて、対してちょっとイノブタっぽいシャチホコが、「あの~、ボク動けないんですけど~」と言いそうな滑稽さあり。場面は夜ということもあって、やさしい月の光が涼しげでもあり。今の季節にはいいんじゃないかと思いました。
f0353904_18451593.jpg

これは約10年間、玄関に飾っています。
シャチホコはお城の魔除けですから、うちの玄関にいて邪気払いしてもらおう!と掛けていますが、果たしてどうでしょうかね。このシャチホコには名前があって、『シャッチー』と言います。短絡的な命名ですが、修復後のシャッチーはどうしているのかな?と気になっています。
まさか、いなくなってるってことはないでしょうね。
うっとおしい梅雨が明けたら、存在確認のため姫路城に行って、あのとき食べたあの名物そばを食べようかと思っています。

ブル・テリアランキングへ
by himitukichi-bull | 2015-07-09 18:46 | 切り絵 | Comments(0)

ミレー友好協会展!

久しぶりの更新です。
なのに、ワンワンではなくて、切り絵の話題です。
先日、第23回ミレー友好協会展が大阪市立美術館で開かれました。
今年は自分も作品を出品しているので、見に行くにも緊張感がありました。
f0353904_20403398.jpg

美術館へ続く道からは、あべのハルカスが見えます。
この界隈も新旧交代著しく、昔のようなゴチャゴチャした通りや、昼夜を駅のホームで過ごす怪しげなヒトビトは減りましたが、しかし大阪のシンボルとも言うべき通天閣は今も王将の座を譲ってはいません。
f0353904_254531.jpg

現在美術館へ向かう正規のルートが工事中とあって、駐車場から美術館へは迂回ルートを歩きました。
母は足が悪いので、ゆっくり歩きます。
昨年同様に、途中にはツツジが満開で綺麗でした。
4月に入ってから晴れた日は2日しかないとお天気のお姉さんは言っていましたが、今日は文句なしのいい天気。気分も爽快です。
Mr.てるてる坊や、ありがとう!
f0353904_20321542.jpg

角を曲がってこのポスターが見えて、ちょっと安心。
日にちを間違えてたら、出直しですからね。
f0353904_20324281.jpg

今年2点を出品しました。
こんな立派な美術館に2点とも飾っていただけることに、ただただ感謝です。ゆっくりと、すべての作品を拝見しました。

先生方の作品は物静かな中にも気迫があり、さすが作品が放つパワーが断然違うと感じました。
大相撲で例えるならば、白鵬を前にしたときの威圧感のような。
語らずとも、たたずまいが違います。

一周して一通り見たはずなのに、また戻って見たくなるんですよね。
一回目では見えなかったものが二回目では見えてきたり。
この1日で、1年分の勉強ができたように思います。
f0353904_19392975.jpg

そして24日、天王寺都ホテルで授賞式がありました。
朝から緊張でドキドキです。
遅れたら大変だ!と早く家を出て、1時間早く着きました。
母は当初出席を渋っていましたが、『親孝行してあげたら?』という師匠の言葉を伝えると、母も出席してくれました。
f0353904_20495934.jpg

エレベーターで6階まで上がり、会場の前でしばし待機です。
何せ早く着いていますからね。

この気品ある雰囲気。
純カントリー育ちの私としては、飲み込まれそうです。
たまに行く日帰り温泉でゆっくり浸かって極楽を満喫し、帰りに立ち寄るうどん屋さんできつねうどんに大いに満足している私にとっては、別世界です。
f0353904_20512046.jpg

そして、会場内も別世界。
他の先生方は慣れていらっしゃるご様子ですが、私は落ち着きません。
f0353904_19201264.jpg

でも出されたビールをグビっと飲むと、リラックスできました。
こういうときのアルコールは、実にありがたいものです。
f0353904_20544675.jpg

美味しいフランス料理をいただき、
そして、賞状と副賞のトロフィーをいただきました。
最後に全員で記念撮影してお開きとなりました。
11時から14時半までの3時間半の楽しいひととき。
今日はいい親孝行ができました。

帰って、バロンの熱烈なお出迎えを受けた後、一緒に記念撮影しました。
バロンも喜んでくれてるかな?
f0353904_19251191.jpg

ひとえに師匠の指導があればこそ、ここまで来ることができました。
切り絵を取り巻く環境に恵まれたこと、そして周囲の皆さまに感謝しています。
来年もこの会場に足を運べるように、頑張りたいと思います。

もう翌日から来年への作品作りが始まっていると聞きました。
まるで、オリンピック選手のような高いプロ意識に驚いています。
自分も身を引きしめて、今回の出展・受賞で得たことを、今後の作品作りに生かしていきたいと思います。
by himitukichi-bull | 2015-05-01 19:39 | 切り絵 | Comments(2)

春のきざし!

今日は切り絵の話題です。
以前ミレー友好協会展に切り絵作品を応募したことを書きましたが、審査の結果が届きました。
2点出品して2点入選しました。
そのうち1つは、「公募最優秀賞」を受賞、更にフランス本部展への出品作品に選ばれました。

驚きました!
初めての応募ですからね。
あの立派な大阪市立美術館に飾ってもらえるだけでも十分だと思っていただけに、いっそくとびの高い評価をいただいて、感無量です。
母も喜んでくれました。
少しは親孝行できたかな。

受賞式は4月に行われます。
今から楽しみです。

今日はバロンのトレーナーさんが来る日でした。
この知らせを受け取った数分後に来られたので、頭の中はこの美術展のことで一杯で、いまいち集中できず。
「あかんあかん、バロンが頑張ってるのに」と自分に言い聞かせましたが、ニヤニヤしてたんじゃないかな。

作品は、こちらです。
f0353904_1575739.jpg

今までで最大の大きさです。
横は100センチありますので。

ブログタイトルどおり、題は「春のきざし」です。
秋冬は暗かった山の中にも春が近づき、木の間から光が差し込んでいます。お地蔵さんも木の幹も緑に染まっています。
f0353904_1581397.jpg

お地蔵さんの顔は、優しい笑顔を湛えています。
見る人の心次第で戒めておられるようにも、褒めてくださっているようにも見えるようにしました。
f0353904_1582932.jpg

せっかくの緑なのにカエルを入れていないなんてありえません。
目立たないところに、そっとカエルさんが隠れています。
どこにいるんだろう?
行かれた方は、是非カエルさんを探してみてください。
f0353904_225241.jpg

額も作品のうちと師匠は言います。
緑に合わせて、今回額も緑にしました。

もし行ってみようかなと思われた方がいらっしゃいましたら、日程は以下になります。
一流作家の先生方の作品が、展示されています。
よろしくお願い致します。
f0353904_18331358.jpg

大阪市立美術館 4月21日(火)~26日(日)
愛知県美術館 5月5日(火)~10日(日)
富山県民会館美術館 5月21日(木)~24日(日)

今回の受賞は、ひとえに師匠のおかげです。
この師匠の指導がなければ、到底ここまでこれなかったですし、切り絵にのめり込んでいなかったと思います。
私にとって人生でただひとりの切り絵の師匠。
正しく一期一会です。
神様からいただいた切り絵との出会いを大事にして、これからももっともっと精進して、自分の目指す「仄かに灯るマッチのような心温もる」作品を作っていきたいと思います。
by himitukichi-bull | 2015-03-29 18:40 | 切り絵 | Comments(4)