我が家のブルテリアの日記です。ブルテリア大好き人間が、ブルテリアについて語っています。 This is the diary of bull-terriers in my home. Human who loves bull-terrier speaks of various things about one.
by 海馬
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
Flag Counter
カテゴリ
全体
ブルテリア・ブービー
ブルテリア・バロン

切り絵
カエル
その他
糸ノコ作品
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
お気に入りブログ
FuFu the Bully
ALMEZのうらうら日記
秋田犬 「大和と飛鳥丸」の日々
M・ブルテリア チャール...
ホワイトデビルちゃんぷ
おはぎときなこ
花景色-K.W.C. P...
294ものぶろーぐ・2
まほろば 写真俳句
自然卵農家の農村ブログ ...
ratoの大和路
Run Run Raum
ミニチュアブルテリア ダ...
秋田犬「大和と飛鳥丸」の日々Ⅱ
犬と息子と親2匹
ミニチュアブルテリアダー...
リンク
外部リンク
最新の記事
第25回記念 ミレー友好協会展!
at 2017-04-21 21:32
走るバロン!
at 2017-03-28 03:20
鴨小屋建設―その3―!
at 2017-03-13 23:07
犬は色を識別できる!
at 2017-03-12 10:26
鴨小屋建設―その2―!
at 2017-03-09 11:13
最新のコメント
loveMBLさん ..
by himitukichi-bull at 03:45
クリちゃんママさん ..
by himitukichi-bull at 03:35
まりこさん こんばんは..
by himitukichi-bull at 03:30
秘密基地ママ様 こんば..
by loveMBL at 21:11
おはようございます..
by クリちゃんママ at 10:28
きゃぁ~~!!きゃぁ~~..
by まりこ at 21:38
uramoon1さん ..
by himitukichi-bull at 01:24
loveMBLさん こ..
by himitukichi-bull at 21:11
まりこさん こんばんは..
by himitukichi-bull at 21:02
くりちゃんママさん こ..
by himitukichi-bull at 20:55
最新のトラックバック
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
ネイチャーズギフト、フー..
from ミニチュアブルテリアの「ホッ..
ネイチャーズギフト、フー..
from ブルテリア専門,【ホットブリ..
記事ランキング
検索
ファン
画像一覧
ブログジャンル
近畿
犬

カテゴリ:鴨( 9 )

鴨小屋建設―その3―!

鴨小屋建設の続報です。
かなり出来てきました。
屋根には波板を使うので、間隔を細かくしています。
やるからにはプロ顔向けの出来映えにしたくて、こだわっていますが、でもプロではない!ので、寸法の狂っている箇所もあります。
f0353904_00384945.jpg
材料として使っているのは、これ!
f0353904_00320682.jpg
「スペーシア」というものです。ホームセンター・コーナンで売られています。
f0353904_00322468.jpg
このパイプを、このカッターで適当な長さに切っています。そして、プラスチックのジョイントで繋いでいきます。
f0353904_00333966.jpg
ここまでにかかった費用は、約4万円。
これを安いとみるか、高いとみるか。
これから必要なものは、金網とポリカの波板です。
でも手作りの楽しさがありますからね!
f0353904_00344589.jpg
中から見ると、こんな感じです。
今日で外枠は完成しました。
次は金網です。
鴨専門店の社長さんに教えてもらったプラスチックネットを使います。明日は波板を頑張ります!

by himitukichi-bull | 2017-03-13 23:07 | | Comments(6)

鴨小屋建設―その2―!

一旦お休みしていた鴨小屋建設。
始動しました。
f0353904_21233781.jpg
目指しているのは、人も入れる鴨小屋です。
ここは夏には風通しのいいところで、台所と接しているので勝手口から出入できます。

勝手口から出ると、そこは鴨ファームだった。
素晴らしいです!
f0353904_21334582.jpg
奥行き5メートル、幅は90センチ、高さは2メートル以上ありますので、鴨さんたちは悠々だと思います。
この場所は写真が撮りにくいんですが、今日は屋根ができました。
あともう少しで外枠はできます。
早く鴨さんを移動させてやりたいので、頑張ります!「鴨小屋建設―その3―」にご期待ください!

by himitukichi-bull | 2017-03-09 11:13 | | Comments(6)

鴨ファーム、建設開始!

作ろう!作らなければと思いながらも着手が遅れていた我が家の鴨たちのための「鴨ファーム」。
ついに始動しました。
作るのは、この場所です。
f0353904_11334286.jpg
向こうには、かつて我が家にいた烏骨鶏夫婦が過ごした小屋が見えます。手前はブービー君が夜だけお家の中で過ごしていた頃のケージです。
かなり狭いこの場所に、鴨3羽が暮らす快適空間を作ろうと計画しています。まずはこの烏骨鶏夫婦の小屋の解体です。
f0353904_15244838.jpg
これは私の手作りなので、壊すのは寂しいんですが、思い出よりも現実。鴨さんたちのために解体します。
f0353904_20373400.jpg
狭いですが、奥行きはあります。
この場所は風通しがいいので、夏は涼しく、冬はそこそこ寒いという、まぁまぁいい場所です。私も一緒に入れる鴨小屋を目指します。

by himitukichi-bull | 2016-11-25 19:33 | | Comments(6)

産んでいます!

我が家の鴨の近況です。
f0353904_17574579.jpg

オスはオスらしく。
f0353904_17582211.jpg

そして、メスはメスらしく育っています。
f0353904_17584555.jpg

この小屋に手を入れようものなら、メスたちは、「キャー、怖い~!」と後ろに下がっていきますが、その間をぬってヌシヌシと現れたオス鴨は、「ワシの縄張りに何すんねん!」とばかりに攻撃してきます。男らしい!

その鴨たち。
最近、順調に卵を産んでくれています。
小屋に卵を発見すると、水で汚れを洗い流して、卵に日にちを書いて冷蔵庫に入れています。
こうすると、いつ産んだ卵なのかが分かるので安心です。
f0353904_22521256.jpg

時には意味もなく、こうやって絵日記を描いたりします。
今日は、お昼に食べたタコ焼きの感想などを。
大好きな冷やしアメを間違ってLサイズ注文してしまい、ちょっと多かったかな?などなど。
こんなこと描いてしまうと、割りにくくなるじゃないか?!
と、後で気づくのですが。

鴨の卵は、黄身が鶏のそれよりも黄色くて、味は明らかに甘くて、濃厚で美味しいです。すき焼きに使ったら、きっとお美味しいだろうな。

これから暑くなるので、鴨ファームを作るため材料を揃えているところです。人間も入って、鴨との時間をゆったり過ごせる広々スペースを計画中です。

ここで鴨のスケッチをして、鴨切り絵を作りたいと思っています。
鴨ファミリーからは、「いつまでいるつもり?」って言われるカモ?
by himitukichi-bull | 2015-05-12 18:00 | | Comments(0)

カモ卵!

鴨が卵を産んでいます。
10日、11日、13日と3個になりました。

今日割ってみました。
卵を器の角でコンコン叩くと、硬い感じです。
中々割れない。
ダチョウほどじゃないですが、ニワトリの卵よりも明らかに硬いです。

割ったら、こんな感じです。
f0353904_18383722.jpg

黄身が黄色い。
それに大きいです。
ニワトリの卵と比較すると、一目瞭然です。
f0353904_18385960.jpg

白身の透明感もニワトリの卵とは全然違います。
黄身をつまみ上げても、つぶれない。
お箸でかき混ぜても、中々崩れない。
まあ新鮮ですからね。
味はやや甘味があって、美味しいです。

卵自体の旨みを味わいたいので、今日はうどんに入れてみました。
素朴なきつねうどんです。
f0353904_18391257.jpg

うどんに入れても、やや甘味があって美味しいです。
でも、「うちの鴨が産んだ卵」を意識するとどうも変な感じがして。
はじめ食べるときはちょっと気持ち悪かったですが、慣れでしょうね。
鴨さん、美味しい卵をこれからもお願いしますね!
by himitukichi-bull | 2015-01-13 23:50 | | Comments(3)

ついに産みました!

鴨がお家にきて、はや9カ月。
河内鴨のお店で聞くと、大体生後半年くらいから卵を産み始めるだろうとのことでした。
半年ということは、去年の10月頃。
でも一向にその気配すらなく。

ケージが狭いせいか、オス鴨がメス鴨の頭をつついてハゲになっていた時期もあったので、ストレスかなと思っていました。

しかし、昨日。
ついに産みました!
何となく小屋を見ると、中に見慣れない白い丸いものがあるではありませんか!
f0353904_23311369.jpg

卵です。
一瞬目を疑いましたが、やっぱり卵です。
いや~、感激です!
f0353904_23312631.jpg

そして今日の朝、また卵が転がっていました。
2日連続で産んでいます。
合計2個。
f0353904_23314166.jpg

左の小さい方が昨日、右の大きいのが今日です。
ニワトリの卵よりも一回り大きいです。
f0353904_9375541.jpg

鴨は1年に1羽あたり250個の卵を産むらしいので、2羽で500個。
そのうち大半は我々の胃袋におさまるとして、残りいくらかは孵化させて、鴨ファミリーを増やせればいいなあと思っています。
これから鴨小屋を見る楽しみが増えました!
by himitukichi-bull | 2015-01-11 23:58 | | Comments(2)

あれから1週間!

カモ小屋におが屑を敷きはじめて1週間。
土を敷いているときは、もうベタベタドロドロになっていましたが、果たしておが屑効果はどうでしょう。
f0353904_13581589.jpg

かなりグッドです。
サラサラしています。
おがくずもかなり水を吸いますが、土と違って固くなりません。
水を吸えば、色が濃く変わります。
そうしたら、そこだけを交換すればいい訳です。
水鳥と言えども、足が濡れると良くないとブロ友さんに教えてもらいました。
なるほど!
冷えは足からきますもんね。
おがくずに変えてから、クチバシの色もよろしいようです。
f0353904_1411737.jpg

今まで土で汚れていた足も、今はこんなに綺麗に。
f0353904_22282068.jpg

抜けていた胸の羽も。
f0353904_22283495.jpg

ちゃんと生えてきました。
気のせいなのか、嬉しそうに見えます。
これから益々寒くなりますから、おがくずで暖を取ってもらわないと。
f0353904_1473334.jpg

この子たちと一緒に生まれた同級生たちは、もう人様に食べられていると思います。朝にその選別があるとか。
ラッキーにもたまたま私が選んだこの子たちは、独房の死刑囚が看守の靴音に怯えるような恐怖を味わう必要はない訳です。
それどころか、「アフラック」と呼ばれて、ご近所のアイドルになっています。
幸不幸は、案外あっさりと決まるものなんですね。
これは偶然なのか、はたまた必然なのか?
1年も終わりに近づき、しみじみと考えてしまいました。
by himitukichi-bull | 2014-12-18 11:55 | | Comments(2)

鴨小屋、リフレッシュ!

今日は鴨の話題です。
鴨も大きくなり、食べる量も増えました。
そうなると排泄物も増えるわけで。
床に敷いた土は、水浴びと排泄物のため、常に湿り気を帯びていました。
f0353904_16502026.jpg

それに加えて、先週あたりから急に冷え込むようになったので、体を冷やさないか心配で。
この鴨たちを買った河内鴨店で聞くと、「複数羽いれば体を寄せあうので大丈夫ですよ」と言われましたが、いくら3羽いても床がこれじゃ足元から冷え込むんじゃないかと思うんですよね。

そんなある日テレビを見ていたら、某牧場でのブタ飼育の様子を紹介していました。
飼育はコストダウンのため小屋ではなくビニールハウスで行っているらしく、防寒対策として床材にウッドチップを使っていたんです。
どうやらこのウッドチップ、保温性に優れているみたいです。
ということは、うちの鴨にこれを使えるんじゃないか!
早速調べて、一箱買ってみました。
f0353904_16493948.jpg

95・50・50センチの段ボール箱にヒノキのおが屑がいっぱい詰まっています。これで1500円は高いのか、安いのか!?
蓋を開けたときに広がるヒノキの香り。
なぜだろう?
この香りをかぐと、眠っていた日本人としての何かが揺り起こされます。

寺院などの木造建築、茅葺き屋根の日本の木の文化。
田舎の川のせせらぎ、セミの声。
そこで一緒に食べたおむすびの味。
手を引かれて一緒に見た橙色の大きな夕日。
普段被っている日常の皮をはがされて、一瞬にして昔に回帰してしまいます。
日本人でよかった~!
まあ、おが屑くらいでここまで浸ることができれば、安い買い物かも知れません。
f0353904_16495682.jpg

触ってみると、ソフトでかなり良さそうです。
ひのき風呂に入ってるような匂い、心も癒されます
蓋を開けて触っていると、バロンも遊びをやめて見に来ました。
ヒノキのよさが分かるのかな?

早速汚れた土を取り除いて、おが屑を入れました。
こんな感じです。
f0353904_16504389.jpg

おおっ、ベリーグッド!
色も綺麗!
清潔感があって、今までとは雲泥の差。
カモが動くたびに、いい香りが漂います。

でも警戒して中々こっちに来てくれません。
こういう場合、オスが先導をきって行動を起こすんですよね。
そのあとにメスがついてきます。
暫くするとみんな真ん中に出てきました。
どう?
気持ちいいかな?
f0353904_1651178.jpg

でもこの小屋は小さくなったので、裏のスペースに「かもかもファーム」を作る予定です。
人間も入って作業できるスペースをとっているので、鴨と一緒に過ごせます。
それまでここで我慢していただかねば。
広くなれば、卵を産んでくれるカモ?
卵が孵化してファミリーが増えるカモ?
カモはいいですね、鳥の中では一番好きカモしれません。
by himitukichi-bull | 2014-12-12 08:00 | | Comments(5)

あの鴨は今・・!

今年4月に家族になった我が家の鴨軍団。
あの頃は雌雄の区別はつかなかったですが、成長して判明しました。
オス1羽、メス2羽です。
何という理想的比率!
はじめからこのバランスを希望していました。

首から上がグリーンの子が「青首」と言って男の子。
女の子よりも一回り大きくてたくましいです。
性格はわがままですが、時には体をはってメスを守る男らしい一面も。
一昔前のちゃぶ台をひっくり返す日本のおやじタイプです。
f0353904_112178.jpg

この子は女の子。
色は茶色で、男の子よりも地味系です。
私はこの茶色系の方が好きなんですけどね。
性格は控えめでおとなしいです。何でも一歩下がっておやじに譲ります。
f0353904_1124087.jpg

でも水を入れると順位なんてどこへやら。
水をめぐる取り合いで、三段重ねになってます。

この3羽、まあそこそこに仲がいいのか、大きな喧嘩もなく平穏に過ごしています。水鳥なのに水に入るのを怖がるちょっと変わり者ですが、私にとっては可愛い奴です。 
ちょっと狭くなりましたが、今のところはこの小屋が生活空間です。
f0353904_1125827.jpg

でも、出てるやないか~い!
勢い余って、時々鴨小屋から落ちたりします。
でも仲間意識が強いんですね。
玄関前で仲間を呼んでいます。
鴨小屋からもそれに呼応してガーガーと鳴き声をあげます。

こうして鴨を見ていて気づきました。
私は鳥の中で、鴨が一番好きなんだと。
このくちばし、広い足でペタペタと歩く可愛い歩き方、優しい目、ドンくさそうなところ!ナンバーワンです。
よく考えてればオーストラリアにいるカモノハシが大好きで、JRのイコカモノハシにひとり興奮したことがあったんでした。

体も大きくなって、このケージで一日中いるってのも可愛そうじゃないかなと思えてきました。これからは遊び場の計画も含めて、鴨に厚遇することを密かに計画しています。
by himitukichi-bull | 2014-11-01 08:05 | | Comments(4)